【驚きの効果!】シミ対策にビーグレン(b.glen)を使ってみたよ

妊娠中にできたシミにb.glen(ビーグレン)を使ってみた。

妊娠中ホルモンバランスの影響でニキビが大量にできてしまいました。妊娠中なので薬や治療出来ずに、跡になって残ってしまったニキビ。そんな色素沈着してしまったニキビ跡に紫外線を浴び、時間が経っていつの間にかシミになってしまいました。

そんなシミで色むらだらけ、、、。普段は子供と公園に行ったり、買い物に出かける程度だから、極力肌の負担を考えてUV効果のあるCCクリームだけなのですが、どうしてもたくさんあるシミのせいで色むらだらけ。コンシーラーが欠かせません。ちょっとお出かけくらいなら、CCクリーム、せめてBBクリームだけでキレイなお肌を演出できるスッピン美人に憧れます。

これが元々のスッピン↓↓↓

ビーグレン使用前のスッピン

まだ赤い色素沈着と共に、こめかみや頬全体に古くなった色素沈着が黒っぽくシミになっています…。

この色むら、CCクリーム程度じゃどうにもきれいには隠せないんですよね?

子供も2歳になって育児にも慣れ始め、スキンケアに時間をかける余裕が出てきたこの機会に、このシミと真剣に向き合ってみることにしました!

これまで色々なシミ対策化粧品を試してきました。”シミ対策化粧品難民”でした。数々試してきたその中で一番私がしっくりきたb.glenについてご紹介します!

b.glenってどんな化粧品??

HPにも詳細が載っているので簡単に、ご紹介します。

オーガニックコスメ、ナチュラルコスメ、色々ありますよね。b.glenは簡単に言うと“サイエンスコスメ”だそうです。

アメリカ医療界の浸透テクノロジーの第一人者、ブライアン・ケラー氏が、肌への浸透にこだわって開発した技術『QuSome』とエイジングケア成分を融合させた化粧品です。

(必要な成分を、必要な場所に届ける)そのシンプルかつ納得いく概念をネットで見かけ、感銘したことがきっかけでb.glenを試してみました。

実際に、QuSome配合の化粧品と無配合の化粧品で臨床実験をした結果、顕著に肌への浸透差が出ているというデータがありました。しっかり浸透し、ナノカプセルで効果が持続する、それがサイエンスコスメb.glenです。

早速b.glenシリーズをネットで購入

b.glenシリーズ

まずはお試しセットから始め、「これはいいかも!」というフィーリングで初回限定価格のセットをHPにて申し込みました。

注文から3日足らずで到着。私は商品は代引き手数料無料だったので、代引きで購入しました。そしてワクワクしながら開封!!

上の写真が届いたセット、洗顔料のクレイウォッシュ、化粧水のQuSomeローション、美容液のCセラム、クリームのQuSomeモイスチャーリッチクリームです。

なんとこれすべてがセットで実際価格の半額で手に入ります!それぞれの商品の使用量や効果的な使い方の説明書も入っていて、とても親切だと感じました。

付属の説明書通りの使用量を使ってこれで大体2ヶ月近くは持ちます。早速、お試しセットで感じた効果に期待を抱き、使い始めてみました!

いつもより時間をかけてスキンケアをして、効果を最大限発揮できるよう心がけました!

クレイウォッシュの使用感

b.glenで検索すると、必ずと言っていい程ヒットするこの洗顔料。口コミもいいこちらの商品。モンモリロナイトという天然クレイ(泥)が含まれています。

このモンモリロナイトは汚れだけを吸着する磁石のような作用があるので、肌の余分な角質や皮脂だけをスッキリと洗い出してくれるそうです。

しかも、しっかりした吸着力があるので泡立てずに優しく洗うことができるそう。洗顔はしっかりモコモコ泡で洗うという概念があったので、本当に泡立てないで洗えるのか、始めは心配でした。

b.glenのクレイウォッシュを手の甲に出してみました

クレイというだけあって薄い灰色で、すこしコッテリ目な乳液ほどの柔らかいテクスチャーです。匂いは泥独特の香りがほんのりありますが、ほとんど感じないくらいの香りです。

成分にモンモリロナイトの他、肌のターンオーバーを高めるカミツレエキスや、保湿成分のスクワランやヒアルロン酸なども配合されていています。

使ってみて、いつも感じていた洗顔後の突っ張り感は全く感じませんでした。しかも、使い始めてたった一週間で小鼻の角栓が減ってきているので、汚れはしっかり落ちていることも実感しました。この洗顔料なら泡立てなくても、しっかり汚れが落ちました!忙しい朝洗顔の時間短縮もできて、これはもう手放せないと感じました!

QuSomeローションの使用感

元々は医薬品を肌に浸透させる為に使われていた、浸透テクノロジーQuSomeを化粧水に最適な形に進化させて活用されたローション。浸透性だけでなく、持続性にもこだわっていて、潤いが17時間持続する(b.glen調べ)高機能化粧水です。

QuSomeローション

まず使ってみて一番驚いたのが肌への浸透の早さ!肌につけた瞬間に浸透し、手に吸い付くモチモチ感がすぐに現れました。

これまで使っていた化粧水では何度も重ね付けして、肌にハンドプレスで押し込んで押し込んでやっと手に吸い付く感覚が得られていたのですが、この化粧水は、使用量目安直径3センチ程度の量でしっかりすぐ浸透しました。

1滴づつ調節しながら出せる容器なので、無駄に出してしまう心配もありませんよ。

テクスチャーはトロっとというよりは、サラサラに近い液体です。匂いはほとんどありません。サラサラテクスチャーですがしっかりと潤いは実感できました。

17時間の潤い持続効果はまだ実感できていませんが、日中の肌の突っ張り感は減ったように感じます。しっかりシミの根源まで届いているという感覚があり、シミ効果への期待が高まります!!

Cセラムの使用感

シミ改善にとって大切な成分ビタミンC。このCセラムは即効性のある「ピュアビタミンC」をQuSomeで包み込み成分を安定させながら肌の奥に届けるという特徴があります。

b.glenのCセラム

テクスチャーはとろみのある透明の液体。直径2cm程度の少量でも顔全体に伸びます。ドラッグストアなどで買える一般的なビタミンC美容液(しみ集中対策美容液メラノCCやオバジ等)にとても良く似ています。匂いもビタミンC特有の柑橘系の匂いです。

初めて肌につけた時、じんわりと温かい感覚があり、肌の奥に届いている実感がありました。敏感肌なのですが、ビタミンC独特のピリピリ感はありませんでした。私の場合、肌につけた直後は少し肌に赤みが出ますが、すぐに治まりました。

QuSomeモイスチャーリッチクリームの使用感

私はシミと同時に毛穴や乾燥も気になっていたので、保湿やエイジングケアに特化したこのクリームを選びました。

シミ対策に特化した効果が希望であれば、肌の漂白剤と言われるハイドロキノンをQuSomeテクノロジーでピンポイントにシミ内部に届ける効果を配合したQuSomeホワイトクリームという商品もあります。

QuSomeモイスチャーリッチクリーム

高級感のある容器で、使う前からテンションがあがります。クリームのテクスチャーは、コッテリというよりは柔らかめです。匂いもほとんどありません。つけた瞬間肌になじみ、浸透している感覚があります。

ベタベタすることもなくしっとりといい感じでした。乾燥肌な私は、冬場、これまでコッテリクリームにスリーピングパックでベタベタにして寝ていたので、個人的な意見ですが保湿効果だけでいうと、翌朝のしっとり感は少し物足りなさを感じました。

しかし突っ張り感はなく内側はふっくらと潤った感覚があるので、夏場や、サラサラな仕上がりがお好みな方にはいいかもしれません。このクリームを使い切ったら、QuSomeホワイトクリーム+こってり保湿ナイトクリームも検討してみたいと考えています。

シミ撲滅に向けてb.glenシリーズを使って二週間後

せめてCCクリームやBBクリームだけで隠せるくらい薄くなって欲しいと願いながら使い続けて約二週間が過ぎた頃、自分ではそれほどシミに対する効果を感じていませんでした。しかし、主人から「あれ?化粧品してる??なんか肌がきれいになったね」とお風呂上がりのスッピン肌を見て言われました!言われてみればスッピン時の肌トーンが少しあがったように思います。

比べてみると…

↓↓左が冒頭にも添付しましたb.glen使用前のスッピン、右が二週間後のスッピンです

b.glen使用前のスッピンと右が二週間後のスッピン

左は昼間に撮影したもので、右の写真は夜蛍光灯下での撮影になるので、画像の鮮明差が少しあります。

しかし、明らかにこめかみのシミやまだ赤みのある色素沈着も薄くなっています!!

肌のキメも整って、なめらかになったように感じます。

下の画像はいつも使っているCCクリーム(SKⅡのもの)をつけてみました。

CCクリームを使った肌の写真

コンシーラーマストな肌でしたが、これくらいならちょっとそこまでのお出かけ程度なら大丈夫そうです!!

まとめ

日中には突っ張り感を感じていた肌も、全く乾燥を感じさせない肌になりました。ふっくらと柔らかくなった感じがあり、たった二週間で肌の水分量が上がったことが実感できました。CCクリームだけでは美肌とまではいきませんが、ファンデーションならしっかりとカバーできるまでシミが薄くなったかな??と感じます。

まだまだシミは残っていますが、この商品を使い切る頃にはどうなっているのだろう、と希望が持てる結果となりました。今後の変化の期待値も大です!!